マウスを引退して5年以上。Magic Trackpad2でのデザイン作業はとても快適です。周りのクリエイター達にはとても驚かれますが。

Apple製品, 仕事

Magic Trackpad2での作業


スクリーンショット 2018-01-10 20.02.39

どうしてMagic Trackpad2を使う事になったのか?

運営者ライターkatori
運営者ライターkatori

元々は当然ですが、マウスを使用しておりました。ただ元々MAC使いだった私ですが、web制作会社時代のオフィスがwindows(DELL)だった為に、それからMACとの2台持ちとしてマウスも2つ利用していたのですが、当時のMACのマウスは決して使いやすいとは言えず、自然とロジクールのワイヤレスマウスを使うようになっていきました。

ただ高性能なワイヤレスマウスになると、確かにスクロールの速度は快適なのですが部分的にカーソルが飛ぶ?感じだったり、また故障も多くイライラする機会も多くなってきました。

そしてそんな時、ノートパソコンのトラックパッド利用が結構快適に感じていて、MACを買い換える時(Mac Book Air11)、同時にモニター(クラムシェルで使う用)で、別売りにてワイヤレスのMACキーボードと一緒に、マウスではなく「Magic Trackpad」を購入する事に決めました。

慣れが必要なMagic Trackpad

Magic Trackpad2での作業で特に慣れが必要だと思うのは、感圧タッチトラックパッドを押して、さらに少し圧力を加える動作=「強めのクリック」とのバランスでしょうか。

そういうことを書くと、「だからマウスでいいじゃん」と言われそうですが、それ以上に指全体を使ってのジェスチャー(MAC全体操作や移動)など、マウスには戻れない理由の方が自分的には多いのも事実です。

5年以上Magic Trackpad〜2を使用


実際5年以上Magic Trackpad〜2を使用してPhotoshopでデザイン作業しているので、慣れるのも当然なのですが。

そのうち、Magic Trackpadとsiriの連携が発達すれば、切り抜きからレイアウト配置まで全てやってくれる素晴らしい時代がくるかもしれません。

色々と書いてしまい申し訳ございません。

一言でまとめさせて頂きますね。

 

 

マウスとは違うのだよ、マウスとは!


<完>

Posted by KATORI