Hi!メルセデス【新型Aクラス】A180スタイル《納車妄想》展示車写真ギャラリー全52枚+プチレビュー。

2019/01/29 (火曜日)メルセデスベンツ, 趣味:車(主に外車)


前回の
メルセデス【E220d】アバンギャルド-赤い彗星-《納車妄想》写真ギャラリー全50枚+プチレビュー。

に続き今回はHi!メルセデスで話題の2018年10月に新発売された新型Aクラス(展示車:A180スタイル)の写真ギャラリー全52枚+プチレビュー。をお送りします。

→ CLAクーペに興味がある方はこちらの記事もどうぞ。





【エクステリア編】メルセデス【A180スタイル】


Aクラスのエントリーモデルは「A180」ですが、展示車のこちらはその一つ上の「A180スタイル」*色はシルバー。

展示車の場合:現金価格合計で¥4,108,000

A180との違いは標準の装備に加え、A180スタイルでは「Hi!メルセデス!」のMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)対応ディスプレイが10.25インチと大きくなっている点。また、キーレスゴーやヒートシーターといった装備の変更・追加との事です。


Eクラスに続き、あまりに私が熱心に写真を撮っているのを見て、ディーラーのスタッフさんの方から「記念撮影撮りましょうか笑」と親切に、、、普段は自分から「お願いします」と言うところを、さすが既に私の性格を分かってらっしゃる。Sさんありがとうございます。*Eクラスは撮り忘れたけど・・。

さて、改めてフロントマスクをじっくり拝見。新型Aクラスは新型CLSと同じで鮫をイメージされてデザインされたと言う「シャークフェイス」仕様となっております。グリルは今やメルセデスの定番となるダイヤモンドグリルですが、こちらはブラックアウトされてるようですね。

A180スタイルのリア。大分リアバンパー部分が太いですね。

ん?マフラーが見当たりませんね?イミテーションでもない?

こちらに隠れておりました。私もわざわざ探し出すとは悪い趣味ですが、前回Eクラスのマフラーがイミテーションだったのが結構衝撃だったので、ついついチェックしています。

リアテールランプ。

フロントヘッドライト。

MERCEDES-BENZの刻印プレートあり。個人的にこの演出が好きです。ケースの中に飾られているプラモデルみたいで。

足回り。16インチ 205/60

大分「ボテッ」とした印象ですが、好みが分かれそうですね。

ラゲッジスペースはこんな感じ。

エンジン周り。


こうやって見るとガンメタリック感が半端ない。

サイドミラー。大分太く感じるのは気のせい?

丸みを帯びてるからか?やはり厚みがあるように見えます。





【インテリア編】メルセデス【A180スタイル】

前席をチェック


運転席のドアを開けた時の印象は「お〜」と言った感じ。Aクラスでもここまでのクオリティーって凄い!

個人的に好きな光演出のスカッフプレートはA180スタイルもあるよです。*Eクラスに無かったのが本当に不思議だ。

どうでしょう?Aクラスでもこの見栄え。ちなみにドアに手をかける箇所のグリップが横ではなく縦に配置され、さらに大きくなっており、とても持ちやすかったです。

Eクラス&新型Aクラスではチェックし忘れましたが、愛車のCLAクーペ前席のシート座面膝裏には「折りたたみ傘の収納スペース」が付いてとても便利なのですが、今はどのグレードの車種にも付いてるんでしょうねきっと。

ボタン周りの色は、EクラスはシルバーでしたがA180スタイルは光沢ブラック。こちらのバージョンもカッコいいですね。

シフト位置表示「P」などの表示は写真で見ると大分小さいですね。実際どうだったか記憶が無く・・。

中央インパネ。何度も言って恐縮ですがAクラスでこのクオリティーは凄いです。COOL!です。

キーレス・ゴーの「ENGINE」ボタンは右ハンドル車の場合、ハンドルの左側(中央インパネ側)にあるんですね。CLAクーペは右ハンドル車でも右側にあります。

液晶パネルはとても綺麗です。

ハイ!メルセデス! 初体験。しかし私の声が聞き取りづらかったのか「ハイ!メルセデス!」と言ったら「メルセデス◯◯店へ電話します」と返答が・・・。相手にしてくれないの!?嫌われてんの!?まだ会って間もないのに!?

そんな初「ハイ!メルセデス!」の苦い初体験ですっかり半べそ状態な私ですが(どんだけメンタル弱いんだよ)ここでさらに1つ気になる事が!運転席からナビを見るとハンドルと被ってナビ画面右側が見えにくい 横長モニターならでは?なのでしょう。慣れですかね?
最新のハンドルコントロールボタン類は全くもって操作が分かりません・・・。

ウインカー&ワイパーレバー。そして!一番びっくりしたのが、本来左側にはもう1本「クルーズコントロール」のレバーがあるはずなのですが、無い!?どこへ?

ここに移動したようです!確かにそんな感じの表示がありますね。

そして!A180ではコラムシフトレバーが細くなってました。これは軽量化でこうなったのか、それともコストダウンの為の仕様なのか不明ですが、実際に運転してみてどう感じるんでしょうね?

AUTOライトボタンやパーキングブレーキ類。キーレス・ゴーの「ENGINE」スタート・ストップがここではなく、左になった理由って何なんでしょう?新しい車種は分からない事だらけです笑

助手席周り。カーボンが良い感じです。

中央の小物入れ他、コントローラー類。

カップホルダーは出来れば独立して蓋なしで使用できる方が自分は好きです。ドリンクと別の小物類は別けて使用したい派です。一緒だと蓋を常に開けっ放しにしないといないので、ごちゃごちゃして見えるのがどうしても・・・。「ね!?メルセデス?」

メルセデス◯◯店へ電話します」。

また相手にしてくれないの!?やっぱり嫌われてんの!?まだ会って間もないのに!?

天井にはバックミラー寄りにサングラスホルダー、手前に室内照明類のボタンはどの車種も同じかと思いますが、CLAクーペには無い「SOS」「me」のコール?ボタンがありますね。レスサスの「オーナーズデスク」と同じ感じなんでしょうかね?

大型の収納ボックス。

観音開きで半分開けた状態。

全開。USB2つはお約束ですね。

そして新しいコントロール装置。カッコいいですね。

この手前のパーツは、ただの手首置きでした。

メインであるタッチパッドはこんな感じで操作しますが、なぞったりクリックすると車内にその感覚が音?なのか振動?なのか伝わって来るんです。うまく表現出来ないのですが、「わ!すげー!」と思わず声が出てしまいました。「ね?メルセデス」

メルセデス◯◯店へ電話します」。

もういいっつーの!





後部座席をチェック


最後は後部座席へ。

前座席と同じで、ドアハンドルが縦&大型で掴みやすいです。

ここだけで見ると、とても落ち着いた雰囲気でAクラスとは思えません。

カップホルダーは、A180では付いていないようです。こちらのA180スタイルだと標準っぽいですね。

座席ネット。

CLAクーペと比べると前席とのスペースはあまり変わらないですね。拳1つ分程度でした。ヘッドクリアランスは、CLAの方がクーペなので若干低いかと思いますが、175cm以上ある人が座る場合はA180も少し窮屈かもしれません。

後部座席から前席を望む。

Eクラスもこんな感じでしたが、ここは個人的にもう少しデザイン良くしてほしいです。笑

いかがでしたか?メルセデスベンツの新型Aクラス【A180スタイル】さすが新型のAクラス。今までのAクラスとは高級感が全然違いますね。

以上、Hi!メルセデス【新型Aクラス】A180スタイル《展示車》写真ギャラリー全52枚+プチレビュー。の紹介記事でした。

<完>

→ CLAクーペに興味がある方はこちらの記事もどうぞ。





 

Posted by KATORI